オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アクセサリーセット

今、大抵の女性が、母親や祖母から受け継いだ宝石やアクセサリーを所有しています。
しかし、それらの殆どが古いデザインであるため、自分自身で身に付ける機会がないままになっています。
一昔前の宝石、貴金属は非常に質が良い物であるだけにもったいない話です。
そこでお勧めなのが、宝石類のリフォームです。

宝石店は、リフォームの受託は看板にしていませんが、相談すれば応じてくれます。
店でリフォームが出来なくとも、外部の修理業者に委託してくれます。
修理業者は、宝石を研磨する技術も持っているので、古めかしい形の物も最新型に作り替えてくれます。
最近では、このアクセサリーのリフォームを大きな売りにする店も現れました。
たんすの中に眠っている貴金属類が宝の山になるチャンスと見たのです。
母親の形見であるため処分も出来なかった宝石がよみがえり、自分のアクセサリーになるのは、女性にとって、この上ない喜びです。
宝石、貴金属のリフォームは、これからも需要を増やしそうです。

手軽な料金

使わなくなった指輪がクローゼットに眠っていませんか。
母親世代や祖母世代が若い娘やお嫁さんに指輪を譲る話はよく聞きます。
ですが、ほとんどの方はそれらを身につけずに仕舞ったままにしているのではないでしょうか。
例えば、母や祖母から譲られた婚約指輪は今風のデザインにリフォームすれば若い世代の方でも日常で身に付けることができるようになります。
リフォームと聞くと二の足を踏む方も多いはずです。

ですが、このリフォームは意外と手軽な料金でできます。
リフォームする際に、宝石を外した指輪などの土台を下取りしてもらうことで料金を抑えることができるのです。
一昔前の婚約指輪などは作りも今より太く、下取りできる地金は多いでしょう。
それを費用に追加すれば、とても手頃な料金になります。
ダイヤモンドやサファイヤ、ルビー、パールなど昔の婚約指輪は色々な宝石を使っています。
ダイヤモンドならスキンジュエリーとしてネックレスがおすすめです。
サファイヤやルビーなど色宝石はシンプルな指輪にしてみてはいかがでしょうか。
パールは一粒ネックレスなどが長く使えるデザインでおすすめです。
形を崩してしまうのがもったいないとお考えなら、指輪の宝石周りだけを取り外してもらってペンダントに加工するのも1つの例です。
サイズが合わないから仕舞いこんでいるなら、ぜひ修理してサイズを直して身につけてみましょう。
宝石のリフォームと修理はみなさんが考えるよりもずっと手軽なのです。